2009年1月2日金曜日

日本経済復活のためにすべきことは何か 宋文洲 - 日経

ソフトブレーン マネージメントアドバイザーである宋 文洲(そう ぶんしゅう)氏は、外国人の立場から日本経済復活の施策について意見している。
失敗を認識したら、失敗してきた道から原点に戻ればいいのです。不況から逃げ出す早道はここ数年の「正義」と「正論」を疑ってみることです。(中略)世界経済がどうであろうが、日本経済に内在するタフさを呼び起こすことが景気回復のキーファクターなのです。
日本経済に内在するタフさを呼び戻す....心地よいユーザー・エクスペリエンスを求めて、Prewireブログの旅はつづく。。。

日本経済復活のためにすべきことは何か 宋文洲 (日経)

1 件のコメント:

yutakarlson さんのコメント...

■危機「最も早く脱するのは日本」 麻生首相、年頭の決意-ピザ宅配業界から見た今年の経済動向は?
yutakarlson
yamada.yutaka@gmail.com
http://yutakarlson.blogspot.com/2009/01/blog-post.html
明けましておめでとうございます。麻生総理は、日本が一番先に、金融危機から立ち直ると年頭の決意を述べましたが、私もそう思います。私のブログでは現在不況にあえぐ輸出産業とは対極的なピザ宅配業の立場から、日本経済の趨勢を考えてみました。ビザ宅配業は、条件を満たせば今年は伸張することが期待できます。今年以降は、足腰の強いところ、消費者の変化に対応した新業態を開発したところが生き残ると思います。日本経済全体も来年の中ごろまでには回復し内需を中心とした拡大に向かうものと思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。